太りたいけど太れない40代女性へ|原因と対処方法を紹介!

太りたいけど太れない40代女性へ|原因と対処方法を紹介!

 

 

「年をとればとるほど、年々痩せてきてみすぼらしくなっている・・」

 

 

私は10代や20代の若い頃から、やせ形の体質でした。

 

 

青春時代から、周りのふくよかで奔放な体をした子がとにかくうらやましくてコンプレックスでした。

 

 

「私も、あんな体だったらなあ・・もっと男子から人気がでるのに」

 

 

案の定、クラスの男子はふくよかで愛嬌のあるA子ちゃんに集中。高校時代に片思いをしていたラグビー部の男子も、A子ちゃんに奪われて寂しい失恋でした。

 

 

やっぱり体型が貧相だと、服を着る選択肢もなくなるし、自信のなさがにじみ出てしまうと思うんです。

 

 

もてない、内向的な私も、25で仕事場で出会った上司に見初められて結婚。

 

 

こんな私でも、人並みの幸せは手に出来たかな・・と思っていました。

 

 

でも、体型へのコンプレックスはずっと変わらず。

 

 

「中年になったら、自然にお肉がついて太るからだいじょうぶだよ」と夫からの優しい言葉もありました。

 

 

ところが。

 

 

30代をすぎて40代に突入。でも一向に脂肪がつかないどころか、むしろ痩せてしまっているではありませんか。

 

 

若い頃は二の腕とか上半身の細さが気になったのですが、年をとるにつれて「顔」がどんどん痩せこけているような状態に。

 

 

同窓会で会う友達からも『大丈夫?ちょっと疲れているんじゃない』と心配されるありさま。

 

 

子供はいないし、旦那はやさしいし特に不満のない生活。でも、頬はこけてしまって顔がげっそりした印象を与えてしまっているんですね。

 

 

「どうして、顔の方がこけているんだろう・・」気になったので、いろいろ調べて見ることにしました。

 

 

私と同じように、中年太りならぬ「中年痩せ」を経験して困っている方の参考になれば幸いです。

 

 

どうして年とともに、痩せこけてしまうの?

 

お疲れ顔というか、やつれ顔をどうにかしたいと思っているのですが。

 

 

どうして顔ばかりが、やつれたようになってしまうのでしょうか。

 

 

原因は、"たるみ"によるものでした。

 

 

加齢によって、皮膚やそれを支える筋肉が衰えてきます。年によるものだから、そればかりは重力に逆らうことができません。

 

 

私たちのように、体質的に痩せている場合は、皮下脂肪が元々少ない状態です。

 

 

皮膚、皮下脂肪、筋肉 という3層構造になっていますから。

 

 

サンドイッチのように間を挟む脂肪がない分だけ、たるみが起きた時にべろんと「凹んだ」ようになってしまうのですね。

 

 

言葉はきついですが「えぐれた」ようになってしまうんです。

 

 

皮下脂肪があれば、それを押し返す力があるので、仮に皮膚の弾力低下がきても押し戻せる力が残っています。

 

 

皮下脂肪のない、わたしたちの場合は元々のお肉があった部分がそのまま抜け落ちてしまうのです。

 

 

だから「頬コケ」の状態になり、生活に疲れたおばさん状態になってしまうのですね。

 

 

メイクで隠すにも、コンシーラーでカバーできるような凹凸のレベルではないだけに、どうしようもないですね。

 

 

皮下脂肪をつけることは可能か

 

顔の部分を狙って、脂肪をつけることはできるのでしょうか。

 

 

調べた限りでは,食事にいくら気をつけても狙った部分だけ脂肪がつくことはないということ。

 

 

どうしても顔にお肉をつけたければ、皮下脂肪かヒアルロン酸を直接入れていくしかありません。

 

 

美容整形というヤツですね。当然お金はかかります。

 

 

ヒアルロン酸を直接入れる方が安いですが、継続的に料金が発生してしまいますので微妙です。

 

 

また、ドクターの技量に左右されるので本当の最終手段として考えないと副作用の危険もありますからね。

 

 

顔やせの場合は、弾力を取り戻すスキンケアを使いつつ、表情筋を鍛える美顔器などを使った「タルミケア」をするのが良いと言われています。

 

 

頬周りを膨らませることはできなくても、凹んだ状態から回復させることは難しくありませんので。

 

 

全身が細い場合

 

顔もそうだけど、腕や上半身が気になる・・という方も、多いと思います。

 

 

アラサー、特に30歳を過ぎると胃腸の働きが衰えてしまいます。そうなるとまず「量」をたくさん食べることができません。

 

 

タンパク質・炭水化物・脂肪・ビタミンなどの栄養分を、いかに吸収させるかがお肉になって跳ね返ってくるところ。

 

 

さすがにこの年で毎日どか食いすることはできませんから、少しでも胃腸の調子を高めていきたいところです。

 

 

年をとると代謝が悪くなるという説もありますが、痩せ体質の人は代謝が良いことが多いのです。

 

 

特に体内での消化酵素の数が減少していきますので、酵素を積極的に補う事が太る為のカギと言えるでしょう。

 

 

酵素というと、痩せ目的というイメージが強いかもしれません。実際は、消化を助ける「消化酵素」をとることで胃腸の吸収が良くなって、食べても栄養になりやすい体を目指すことができます。

 

 

消化酵素入りサプリメントという方法も

 

 

太るために、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

 

 

プルエルというサプリメントが、太るためのサプリメントとしてかなり有名です。

 

 

92パーセントの人が満足しているというデータもあります。

 

 

一度ためしてみるのも、良いかもしれませんね。

 

 

消化酵素というものが入っているので、食べ物の消化が良くなるんですね。

 

 

もりもり食べて、栄養をたっぷりつけたい。でも食べられない・・と言う人によいです。